0

中川翔子 アロンアルファで耳を治そうとするも失敗

2009年6月23日 23時00分 (2009年6月28日 22時27分 更新)
 タレントの中川翔子(24)が自身のブログで、「立ち耳」を治そうとして失敗していたこと明かしている。

「立ち耳」とは、耳が通常の場合より前に押し出されている状態の耳のことで、前に押し出されている分、耳が大きく見えてしまうとのこと。本来、耳を頭側に寝かせる働きをする耳の軟骨が未発達である場合に起きる現象で、通常、耳が頭に対して約30度の角度で付いているのに対し、40度以上になっている耳のことを「立ち耳」という。

 中川も「立ち耳」であるらしく、過去に自分で耳の裏にアロンアルファを塗って「立ち耳」を治そうと試みたことを告白。「立ち耳が嫌で嫌でしかたなくて、耳の裏にアロンアルファぬって耳を寝かせそっちをしたにして一晩寝たら起きたら惨劇になっててアロンアルファごと髪がもってかれたことある」とコメントしており、アロンアルファでは「立ち耳」は治らないようだ。

■関連リンク
グルド(しょこたん☆ぶろぐ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品