山口組元組長に「小チンピラ」呼ばわりされた島田紳助 激怒するも矛先ナシ

2010年6月30日 08時00分 (2010年7月6日 18時00分 更新)

さすがの紳助も、元組長には手出しが
できないようで......。

 山口組の元後藤組組長だった後藤忠政さんの自叙伝『憚りながら』(宝島社)で"小チンピラ"呼ばわりされた島田紳助が激怒しているが、怒りをぶつける矛先がなく、現場のスタッフたちが戦々恐々としているという。

「ネット上の掲示板などでは、紳助が後藤さんの"小チンピラ"呼ばわりに怒って、関西を拠点にする暴力団のH会長に泣きついたという話が出回っていますが、そんなことをすればますます立場が悪くなる。さすがにそれはやってませんよ。それだけに、怒りの矛先がない状態なんです。おかげで、スタッフや後輩のお笑い芸人に八つ当たりがいくんじゃないかと、周囲は怯えていますよ。まあ、紳助が"小チンピラ"呼ばわりされるのは、自業自得ですけどね......」(吉本関係者)

 紳助は2004年に、吉本の女性マネジャーに理由もなく暴行を働くという刑事事件を起こしている。

「被害に遭った元女性マネジャーはいまだにPTSDに悩まされていて、紳助との裁判も終わっていません。にも関わらず、彼は昨年の秋にTBS系の『オールスター感謝祭』で東京03に対して暴力的な威圧事件を起こしたんです」と言うのは別のお笑い関係者。

「後になって、事件の現場近くにいたタレントたちから、紳助が東京03のメンバーに暴力を振るった事実が明らかになりましたが、03が謝罪したことで、事なきを得たんです」

 しかしその後も、後輩タレントの「もう中学生」に切れて、暴力を振るったという情報が流れている。

「紳助に注意する者は誰もいません。たとえいたとしても、彼の性格は直りませんよ」と吉本の幹部もサジを投げた状態だという。

「せめて後藤元組長の言葉に発奮して、弱い者イジメをやめてくれるといいんですが......」という前出吉本関係者の言葉がすべてを物語っているのだろうか。



【関連記事】
ビートたけしも激怒する"裸の王様"島田紳助の芸能界タブー化現象
ベテラン芸能記者が島田紳助の恫喝事件に見る「芸人の立場と質の変化」
「お前ら、潰すぞ!」生放送中に東京03を恫喝した島田紳助 その後の和解劇真相

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品