0

高島彩アナが「めざまし」で卒業&退社を生報告「まだ実感が湧かない」。

2010年8月24日 06時25分 (2010年8月25日 23時45分 更新)
9月末の「めざましテレビ」卒業と、12月末の退社を発表したフジテレビの高島彩アナが、24日の「めざましテレビ」冒頭で挨拶。改めて番組卒業と退社を報告した。  

番組冒頭でキャスターの大塚範一から「『めざましテレビ』朝早くからご覧の皆さまに、高島彩から報告があります」と振られた高島アナは、笑顔ながらやや緊張した面持ちで「私事で大変恐縮なんですけれども、7年半お世話になってきました『めざましテレビ』を9月いっぱいで卒業することを決めました」「年内いっぱいでフジテレビも退社いたします」と視聴者に報告。

そして現在の心境を「まだ、実感が湧かないですけれども…」とした上で、「(卒業までは)1か月以上も『めざましテレビ』もありますので、皆さんの、めざましファミリーの空気を感じながら、精一杯努めたいと思います。よろしくお願いいたします」と語り、最後まで駆け抜ける決意を滲ませた。

と、ここまで挨拶したところで少しリラックスしたようで、手を頭や口に当て、照れながら「心配この先…ちょっとグッと来ちゃいました。すみません」とおどける姿も。大塚範一から「本当に長い間、全身『めざましテレビ』に捧げてくれました」とねぎらいの言葉をかけられると、にこやかに「まだまだ捧げますよ」と完全燃焼を誓うなど、短い時間ではあったが明るい卒業報告となった。

番組卒業とフジテレビ退社を発表した高島アナは23日、「心に決めた今はすがすがしい思いでいっぱいです」「私にとって『めざましテレビ』=フジテレビだったため、番組を辞めてフジテレビに残るという選択肢はありませんでした」「少しゆっくりと、朝日を浴びて目を覚ます生活を送りながら、自分自身を見つめなおしたいと思います」とのコメントを発表。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品