0

眞鍋かをり 性欲破局肉食でなかった麒麟・川島

2011年2月21日 17時00分 (2011年2月22日 16時34分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

(提供:週刊実話)

 「結局、男の方が今の若者にありがちな草食系で、肉食系ではなかったということです」(ワイドショー関係者)
 横浜国立大出身のインテリタレント・眞鍋かをり(30)とお笑いコンビ『麒麟』の川島明が破局していたことが明らかになった。

 2人の熱愛は'07年6月に発覚。
 「もともと、川島の大ファンだった眞鍋が、'06年12月放送のバラエティー番組の企画で『物凄く好き』と本気で告白したのがきっかけでした。彼女は頭もいいけど、恋愛に関しては肉食系で、好きな男を見つけたら、自ら求めて行くタイプなのです」(芸能関係者)

 公の場で、その仲を認めたのは'08年4月。イベントに出席した眞鍋が、
 「とても落ち着いた恋をしています。今のところ幸せ」
 と話し、川島も交際を宣言した。
 「その直後から、お互いの自宅マンションを行き来する姿が目撃され、結婚は時間の問題と見られていました」(芸能記者)

 ところが、そんな2人の前に立ちはだかったのが、眞鍋と所属事務所『アヴィラ』の訴訟問題。
 「'09年に眞鍋が同社と実質上のオーナーを相手取り、契約解除を求めて東京地裁に提訴。これに対して『アヴィラ』側は、眞鍋が指示した仕事を行わなかったとして、総額3億円の損害賠償を求めて逆提訴。その後、眞鍋側が地裁に提出した事前文書の中に“社内枕営業”を連想させる文言が入っていたため、オーナー側が名誉毀損に当たるとして1億円の損害賠償を請求。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品