チョメチョメ暴露! オリラジ藤森がチャラ男キャラで再ブレイク!?

2011年4月28日 10時20分 (2011年5月12日 07時49分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
幼いころからお笑い芸人への強い憧れを持っていた彼は、その分お笑いで成功することの困難さを理解していたのだろう。意を決して門をたたいたNSCに入学する際には100本というネタを用意していたのだという。しかし蓋を開けてみれば、NSC在学中に「武勇伝」が大ヒット。オリラジは、あっという間にスター芸人の仲間入りを果たした。

 2005年にデビューしたオリラジは、翌06年に芸人最速と言われている冠レギュラー番組を深夜帯でスタート。07年には、芸人の誰もが目指し、頂点とも言えるゴールデンタイムでの冠番組を担当。しかし、それらはあくまでも彼らの人気が先行しての結果だった。やがて、実力の伴わないオリラジは、アイドル芸人と揶揄され、担当番組は次々と打ち切られた。そんな現実に、中田は武勇伝頼みだった自分たちのネタを見直すべく漫才に打ち込む。しかし07年から再度チャレンジしたM-1では準決勝止まり。その後も挑戦を続けたが、決勝への道のりは厳しかった。

「武勇伝のイメージが強い彼らですが、漫才への思いは、他の芸人に比べても強いものと言えます。なんせ毎年のように漫才で全国ツアーをしてますからね。ただ、彼らの漫才への評価は意見の分かれるところでしょう。全国ツアーのライブDVDを見る限り、会場は沸いてますが、それは彼らのファンだから当然と言えますしね。ネタはといえば、M-1で準決勝止まり、というのがよく表しているんじゃないですか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)