0

「手元に金は残らない」元ジャニーズJr.が犯罪に走る要因とは

2011年5月10日 08時00分 (2011年5月31日 07時51分 更新)

斗真も黄金世代の中心メンバー

 先日、元関西ジャニーズJr.中田大智容疑者が窃盗容疑で逮捕されたニュースが報じられ、ファンに大きな衝撃を与えた。中田容疑者は4月25日の午前8時30分ころ、大阪市北区のインターネットカフェで男性客の現金3万7,000円が入った財布を盗んだ疑いで、曽根崎警察署に現行犯逮捕された。

 21歳の中田容疑者は逮捕時、住所不定で無職。取り調べに対して容疑を認めており、「金に困ってやった」などと供述しているという。このように、元Jr.が犯罪に手を染めてしまうケースは多く、中田容疑者が初めてではない。

「2009年にはジャニーズJr.の逮捕が相次ぎ、人気メンバーだったEが失業者を装い失業保険をだまし取ったとして詐欺の疑いで逮捕されました。起訴猶予となったが、怪しげなマルチ商法にも手を出していた。ほかに、Mは勤務先のパチンコ店からパチンコ玉を盗んだとして窃盗容疑で逮捕され、当時少年だったKとOはインターネットカフェで客の財布などを盗んだとして、窃盗の疑いで逮捕された。E以外はいずれも金に困っていたための犯行。E、K、Oはいずれも人気ドラマシリーズ『3年B組金八先生』(TBS系)に出演していましたが、3月に放送された卒業スペシャルでは当たり前のように出演シーンがカットされていました」(芸能プロ関係者)

 これ以前にも若くして事務所を辞めた元Jr.が犯罪に手を染めてしまっているが、なぜそのような末路に向かってしまうのだろうか?

「ひとつは慢性的な金欠。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品