メンバー不仲、宗教トラブル......再結成ブームでも「絶対に復活しないバンド」とは?

2011年6月12日 11時15分 (2011年6月19日 11時01分 更新)
『Orange Sunshine』(エピックレコードジャパン)

 かつての人気バンドの再結成が相次いでいる。震災チャリティー名目でコンサートを開く布袋寅泰吉川晃司のCOMPLEXをはじめ、Hi-STANDARD、ZONEなど1990年代から2000年代初頭にかけて活躍したバンドが、今夏はさまざまな形で活動する予定だ。そんな中、「再結成しそうにないバンド」に関する話題も持ち上がっている。

「そもそも一度解散したバンドは大抵、解散時に大きな内輪モメを起こしています。それでも再結成するのは、メンバーの多くが経済的に困って妥協した場合か、解散後に仲直りした場合のどちらかですが、JUDY AND MARYとTHE BLUE HEARTSに関しては『何があっても再結成しないだろう』と言われていますね」(マネジメント関係者)

 ジュディマリことJUDY AND MARYの場合、解散時にはメンバーの不仲説も流れた。現在は、不仲説のあったメンバー同士がライブで共演するなど交流もある様子だが、「ボーカルのYUKIがバンド活動時よりも業界的なステータスが上がったため、面倒な人間関係に再び頭を突っ込む理由がない」(前出の関係者)と、多くの音楽関係者が再結成に否定的な見方を示す。そもそもプロが集まって作ったビジネスライクなバンドだけに、各個人に大きなメリットがなければ再結成はないというわけだ。

 一方、THE BLUE HEARTSについては「再結成は100%ない」と断言する関係者が多い。

「THE BLUE HEARTSの解散は、ベースの河口純之助が宗教法人・幸福の科学の熱心な会員となり、ファンを勧誘する騒動を起こしたことが主な原因でした。ボーカルの甲本ヒロトとギターの真島昌利はこれに懲りて、自分たち以外のメンバーを何度も入れ替えながらバンドを続けており、現在のザ・クロマニヨンズは実質上THE BLUE HEARTSの最新版。それだけに、再び初期メンバーを招いてバンドをやるということはあり得ません」(音楽雑誌編集者)

 一方、近々再結成があるのではないかと言われているのがサザンオールスターズ

「サザンオールスターズ活動休止の背景には、一部メンバーの演奏技量不足があったと言われています。義理堅い桑田佳祐は学生時代からの仲間たちをサポートする意味もあってバンドを続けてきましたが、そろそろ自分ひとりでやりたいと決断したのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」