0

超倹約家・島田紳助の妻 3人の娘にはトロも食べさせない

2011年9月2日 07時00分 (2011年9月2日 08時33分 更新)

 芸能界を引退した島田紳助(55)。その資産は土地だけでも総額約15億円ともいわれている。まさに“芸能界の不動産王”である紳助だが、蓄財に大きな力を発揮したのは、妻の由美子さん(54)だった。

 紳助が、由美子さんに出会ったのは20才のときだった。自らが出演する『京都花月』の切符を道行く人に売っていたとき、1才年下の彼女と知り合った。夫妻を知る人はこう話す。

「もともと京都の子で、べっぴんさんで物静かな嫁はん。実家が喫茶店をやってて、彼女も学校卒業した後、店を手伝ってたんやないかな。商売人の家に育ったから、昔からしっかりした子やったで」

 高額所得者番付に毎年登場する芸人の妻の身だったが、由美子さんは普段から質素で倹約家だった。

「あれだけ稼いではるんだから、もっといい服着てもええのに、ブランド志向がない。ホームパーティーでも、彼女の手料理が並んで、食べきれなかった料理は、みんなに“持って帰ってくださいね”っておみやげにしてくれたり、ほんとに気が利くんですわ」(別の夫妻を知る人)

 ビールは決してケース買いせず、冷蔵庫にはいつも3本しか冷やしていない。寿司の出前でも、3人の娘たちは並で、トロは食べさせない。新幹線もグリーン車には乗せない。娘たちはピアノを習っていたが、そのピアノもリースだったという。

 紳助がカネに執着していると思われているのは、彼が不動産投資を次々に行っているからという理由だけではない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品