OSK日本歌劇団、創立90周年の節目にトップスター桜花昇ぼるが東京でお披露目公演!

2012年2月17日 13時00分 (2012年2月20日 20時45分 更新)
昨年9月に行われた8年ぶりのOSK日本歌劇団東京公演は、長い時間を埋めるように華やかな大成功を収め、東京在住のファンを喜ばせた。今年は劇団創立90周年を迎え、12世紀のイタリアを舞台にした、ヴェルディのオペラ『レニャーノの戦い』を原作にしたOSKオリジナル版の『ADDIO』と、レビュー『Dance of JOY』を東京・三越劇場にて上演する。公演に先立ち、東京でお披露目公演となるトップスター桜花昇ぼると、娘役スター牧名ことりに、劇団や作品の魅力について話を訊いた。

OSK日本歌劇団チケット情報

桜花はOSKの魅力を「劇団員ひとりひとりの個性が光っていること」と話す。「お稽古がない時には、ジャズダンス、バレエ、日舞など個人レッスンにいそしんでいます。あとはお芝居ゆかりの地を巡ったり。舞台人としての自分を磨いています。演出家や振付けの先生たちからいただいた課題には、メンバー全員で意見を出し合って、ひとつの舞台を創っていきます」。

牧名はOSKの娘役について「可憐なだけではなく大人びて自立心の旺盛な女性が多いですね、男性ファンの方も比較的多いです。みなさん、『守りたい』というより『応援したい』という気持ちで観ていただいているようです。娘役としては、より“女性らしさ”を意識しています」と話していた。

OSKは、宝塚歌劇団、松竹歌劇団(SKD)と並ぶ、日本の三大歌劇のひとつとして、大阪で愛されてきた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品