大捜査ワイドTVから消えたオンナたちの真実 あのアイドルはいま!小阪由佳・安西ひろこ

2012年4月3日 11時00分 (2012年5月8日 10時09分 更新)

 毎日のようにテレビで見ていたのに、「最近どうしたの?」と、不思議がられる美女たちがいる。彼女らが突如として“消えた”背景には、いったい何があったのか。わがままが生んだ愛憎劇、芸能界の圧力、そのドラマを追ってみたい。

 頂点を極めながら、突然の引退&休養宣言が多々あるのも芸能界。それでも根強い人気を誇るお騒がせ組の中から、ボディも妖艶だった3人の「今」を追跡してみると‥‥。

 09年3月、ブログに「しんどいよね~」の言葉を残して消えた元人気グラドルの小阪由佳(26)。最後に話題を呼んだのが、翌年2月に都内のライブハウスで行われたイベント出演だった。スポーツ紙記者が話す。
「当時の小阪にはイベントプロデューサーの恋人がいましたが、久々に姿を現した小阪の体重は20キロ余りも増し、おなかなんてぶよぶよの三段腹という醜態でしたね(苦笑)」
 中川翔子ら人気アイドルを輩出してきた名門オーディション「ミスマガジン・グランプリ」覇者の面影はそこにはなかった。
 そんな迷走を続けていた小阪が、再び消息を絶っているという。一時期潜伏していた秋葉原で、当時からの友人が心配そうに話す。
「秋葉原には仲間が多かったんですが、昨年の夏ぐらいからプッツンと姿が消えたんです。イベント関連の仕事をしている新しい恋人ができ、スッキリと痩せたとたんでしたね。年末以降は携帯電話も留守電になるだけで心配してます」
 神奈川にある小阪の実家を訪ねてみたが、母親は、
「正月もここには帰ってきてませんよ。彼女には彼女の生活があるので、もう(私たちとは)関係ないですから‥‥」
 と、困惑を隠せないでいた。
 逆に、順調に再活動を展開している元グラドルが、かつて女子高生のカリスマだった安西ひろこ(31)だ。01年、ドラマ「スタアの恋」の撮影現場で倒れると、空白の7年間を経て、告白本「バルドーの告白」でパニック障害を患っていた過去を赤裸々に明かした。現在は化粧品とルームウエアのプロデュースを手がける一方で、地元の警察署で一日署長を務めるなど、地元に密着した活動も展開中だ。相模原北警察署交通課の担当者が話す。
「昨年12月、交通事故防止のパレードに参加してもらいました。地元在住のタレントやスポーツ選手にお願いする時も交通費程度しかギャラを支払えないため苦戦しましたが、安西さんはこちらの趣旨に賛同してくれ、快く応じてくれました。あまりにも申し訳なく、有志からカンパを受け、ミニチュアの制帽をプレゼントしたんですが、とても喜んでくれました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品