ダウンタウンは歌い踊り、さんまは大暴走!? 吉本100周年初日「伝説の一日」

2012年4月9日 11時49分 (2012年4月11日 11時44分 更新)
吉本興業の創業100周年を記念した特別公演の初日「伝説の一日」が8日、この日リニューアルオープンを迎えた大阪・なんばグランド花月グランド(大阪市中央区)で開催された。

初日の4公演が行われ、ベテランから若手まで208組227人の吉本人気芸人が出演。

朝8:30から行われた1回目公演のオープニングでは、90年代に一世を風靡した”吉本印天然素材”のメンバー、雨上がり決死隊、ナインティナイン、FUJIWARA、バッファロー吾郎へびいちご、元・チュパチャップスほっしゃん。

宮川大輔が再集結し、超満員の客席から大歓声が上がった。

出演後に行われた記者会見では、宮川が「最初に集められたときは『なんじゃこいつら?』と思ってましたが、そのメンバーで100周年のオープニングをやらせてもらえるとは」と感慨深げ。

そんな中、ナインティナイン矢部から「当時は大っ嫌いでした!」と攻撃されたFUJIWARA藤本が「俺の嫁、元ヤンキーやで! お前の彼女と戦わせたろか?」と代理戦争をふっかける一幕も。

久しぶりの集結に一同の爆笑トークは尽きず、雨上がり決死隊の宮迫から「すみませんねぇ。

久々すぎて楽しくて(笑)」と記者への謝罪? も飛び出すほどのハイテンションぶりだった。

4回目公演にはダウンタウンが登場し、歌のステージを繰り広げた。

130R、今田耕司東野幸治とともに、90年代の超人気バラエティー番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』から生まれたヒット曲「エキセントリック少年ボウイ」、「オジャパメン」などを当時の扮装で披露すると、客席の興奮はピークに。

「エキセントリックー」では、全力の熱唱が響いたのか後半から息も絶え絶えとなった浜田に、松本が「息が上がっとるやないか!」とツッコミを飛ばし、爆笑を誘っていた。

ほか、間寛平ココリコロンドンブーツ1号2号らと01年に結成したスペシャルユニット「Re:Japan」の「明日があるさ」や、95年にミリオンセラーを記録したH Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント」の熱唱で会場を盛り上げた。

そして「伝説の一日」を締め括るトリを務めたのは明石家さんま

80年代にさんま主演で人気を博したABCテレビのコメディー番組『さんまの駐在さん』をなんばグランド花月のステージに復活させた。

町の駐在所に勤務する警察官役のさんまは、登場するなり「今日は紳助は出ません! 戻ってきません!」と宣言するなど大暴走。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品