【エンタがビタミン♪】「戻ってきてと言わないで」。元“ももクロ”メンバーの早見あかりが明かす心のうち。

2012年4月16日 17時00分 (2012年4月19日 16時11分 更新)
元“ももクロ”メンバーのあかりんこと早見あかりが、脱退して1年。初めて当時の気持ちをブログで綴った。

2008年に活動をスタートした「ももいろクローバー」の元メンバー“あかりん”こと早見あかり(17)が、2011年に脱退してから1年が経った。そして今、自ら抜けた後の「ももいろクローバーZ」に対しての心のうちを、自身のブログ『Hayami Akari』に綴っている。

最近ではテレビで見ない日はないくらい大活躍のももクロZに対して、「今、Zがテレビに出ているのってどう思うの?」と聞かれることが増えたそうだ。早見は「あかりが頑張ってた時テレビ出られなかったのに、まじすごいと思う!」とうらやましい気持ちを明かす。しかし反面「(ももクロに)ずっといれたかっていうと、そうじゃないな」という。

というのも、当時女優やモデルを目指して芸能界入りしながらも、アイドルとしてデビューしてしまったという葛藤が早見には当時あったのだ。その時の気持ちから1年経った今も、「もうアイドルの“あかりん”ではなくてひとりの女優、モデル早見あかりとして見てほしいです」とブログに記している。

そして、ファンの落胆を予想しつつも「なので戻ってきてとはもう言われたくありません」とし、「はじめてちゃんと自分の気持ちを話した気がします」と本心から綴ったことも明かしている。

これに対し、ももクロファンを公言している南海キャンディーズ山里亮太は、自身のpodcast『JUNK 山里亮太の不毛な議論』で声を震わせながらこの早見の書き込みを全文紹介した。そして山里は「若い子の人生の決断は、キラキラしている」と、脱退してしまったことを惜しみつつも、女優、そしてモデルとして新たに歩み出した早見あかりにエールを送っていた。
(TechinsightJapan編集部 佐々木直まる

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

『攻殻機動隊ARISE broder:3 Ghost Tears』エンディングテーマは「ショーン レノン コーネリアス」が担当。写真は素子フィギアとエンパイアステートビルとショーン・レノン(Photo by 本田ゆか/Yuka C. Honda)

ショーン・レノン×コーネリアス 『攻殻』最新作で

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」