0

ワイド ニッポンの積乱雲(2)香椎由宇

2012年7月11日 10時57分 (2012年8月3日 10時09分 更新)

「走馬灯株式会社」主演ドラマの“パクリ疑惑”を映像監督が怒りの告発
「設定までほぼ一緒、内容証明も送りました」

 オダギリジョーの主演ドラマが盗作騒動&低視聴率で打ち切りとなったばかりだが、今度は妻の香椎由宇(25)が主演する新ドラマにも盗作疑惑が持ち上がった。夫の二の舞にならないかと、周囲もヤキモキするのだが‥‥。

 7月16 日にスタートするTBS系ドラマ「走馬灯株式会社」に主演する香椎。同タイトルの漫画が原作で、彼女は物語の舞台である「走馬灯株式会社」と呼ばれる謎の会社の案内役を務めるミステリアスな女性を演じている。

 ストーリーも建物に迷い込んだ人々が、自分のこれまでの人生を記録した映像を観ることで、知りえなかった衝撃の事実に直面するというサイコスリラーで、香椎の新境地として注目されている。

 ところが、そんなやさきに水を差したのが、「ある作品のパクリではないか」との指摘だ。さる映画ライターが指摘する。「You Tube上でも観ることができる『走馬灯屋の退屈』という作品です。タイトルと設定が酷似しているんです」

 さっそく、検索すると、〈人は死の間際、自らの一生を走馬燈の様に見ると言う。この世とあの世の狭間にある、死んだ人間達の全記憶を見せる映画館。その場所に佇む謎の女「走馬燈屋」と、秘密を抱えて死んだ男との、永遠にして一瞬のニアミスを描くショートフィルム〉

 まさに、タイトルから瓜二つ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品