0

「解散する理由が無い」。木村拓哉が“SMAP解散”について語る。

2012年7月20日 12時00分 (2012年7月23日 11時11分 更新)
これまで何度か“解散説”が流れたこともあるSMAP。しかし、結成から24年もの長い間解散せずにここまで来られたのにはある理由があるようだ。木村拓哉がその“理由”について語った。

17日に放送された『カスペ!・プレタモリ』(フジテレビ系)。『FNS27時間テレビ』で司会を務めるタモリが、『FNS27時間テレビ』への出演交渉のため『SMAP×SMAP』収録中の木村拓哉稲垣吾郎の元を訪れた。

他のメンバーとは『笑っていいとも!』で共演しているが、木村、稲垣との共演は珍しい。しかし、SMAPメンバーの中でタモリの自宅を最初に訪れたのは実は木村だったという意外なエピソードが明かされた。草なぎを筆頭に今でこそSMAPメンバーがタモリの自宅に行くことは珍しくない。しかし、先輩のバックで踊っている時代にタモリと音楽の話で意気投合し、自宅に招待された木村。初めは緊張するかなと思っていたのだが、迎えてくれたのは「タモリ」ではなく「森田一義」という“優しいおじさん”だったという。

その後、これまで長年いろいろなアイドルを見てきたタモリに西山喜久恵アナが「SMAPみたいなアイドルグループっていましたか?」と質問した。すると、「いないと思う。SMAPはアイドルグループの歴史を変えた」と答えたタモリ。「5人とも個性が全然違っていて、みんなが成功している」と大絶賛していた。すると木村が「(俺達)解散する理由が無いんですよね」と続けた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品