0

藤原紀香、決死の「陣内智則を奪った女」暴露も話題にならず!

2012年12月10日 09時00分 (2012年12月16日 12時51分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月末に発売された藤原紀香フォトブック『N.Perfect body』(講談社)が、マスコミ関係者の間で話題になっているという。ベストセラーとなった『紀香バディ!』(同)シリーズの最新作で、ハイレグやバックヌードなど露出度の高いショットが収められているが、巷ではそこまで騒がれていない。ではなぜマスコミだけが興味を示しているかというと、巻末のエッセイで、かつてない“暴露”が行われているからだという。

「エッセイは、紀香の過去の恋愛についてつづられているんですが、そこで紀香は『これが最後の愛』と感じていた男性を、とある後輩に略奪されたと告白。その際、『藤原紀香から奪いたかった』という言葉を吐かれたといいます。今、各メディアは、その後輩とは誰なのかを検証しているんです」(週刊誌記者)

 同記者によると、この「最後の愛」だったはずの男性とは、2007年に入籍した陣内智則だという。2人の結婚生活は2年で破綻してしまったが、その際、離婚原因の1つとして、「陣内の浮気」が、当人の口からも明らかになっている。

「紀香が離婚した時期、陣内の浮気がささやかれていた有名人は、グラビアアイドルの森下千里、AV女優の及川奈央。そして、モデルの田丸麻紀です。紀香の“業界の後輩”という言い回しから、該当者は田丸ではないかと見られています」(同)

 同書によると、紀香はこの時「最後の愛」の男性、さらにその浮気相手である女性と三者面談まで行ったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品