過激昼ドラ『幸せの時間』苦情殺到で性描写が質・量とも減少

2012年12月21日 16時00分 (2012年12月21日 16時33分 更新)

 昼ドラ『幸せの時間』(フジテレビ系)は、11月5日の放送開始直後から瞬く間に話題となった。その濡れ場が、近年まれに見る過激さだったからだ。第1話の冒頭から濃厚なカラミが展開され、そのおかげか、初回視聴率は昼の時間帯としては異例の9.6%を記録。その後も5%を超える高視聴率を維持している。しかし最近、同番組の性描写は質・量ともにトーンダウンしてきている。

「“よくやってくれた!”と官能シーンを歓迎してくれる視聴者がいる一方で、フジテレビや制作の東海テレビ、BPO(放送倫理・番組向上機構)に苦情が殺到したんです。上層部から指示があり、結果としてどんどん性描写が少なくなってしまった。ただ、官能シーンはあの番組の命ですから、現場は色んな案を考えて頑張っていますよ」(フジテレビ関係者)

※週刊ポスト2013年1月1・11日号

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品