0

業界のルールを破った秋元優里アナ「フジ退社」濃厚か

2012年12月26日 17時45分 (2013年1月11日 15時49分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界のルールを破った秋元優里アナ「フジ退社」濃厚か

[拡大写真]

 フジテレビの秋元優里(29)と生田竜聖(24)両アナウンサーが、 25日にクリスマス入籍していたことが分かった。先輩・後輩の仲だった二人だが、8月末に週刊誌で4泊6日のハワイ旅行が報じられ交際が発覚。この直後、秋元アナがキャスターを務める『ニュースJAPAN』を9月いっぱいで降板することが発表され、「処分」ではないかと憶測を呼んだ。

 同時に、交際発覚によって秋元アナが社内で孤立しているともいわれた。生田アナはジャニーズ事務所の俳優・生田斗真(27)の弟であり、アナウンス部のアイドル的存在。カトパンこと加藤綾子が教育係を務め、ショーパンこと生野陽子が連日飲みに連れて歩くなど、女子アナたちに可愛がられており、それを抜け駆けした秋元に同僚たちから嫉妬のブーイングが起きていると一部で報じられたのである。

 年下アナに手を出したことで局内で冷遇されることになった秋元アナが、結婚でケジメをつけることで立場の回復を狙ったとも考えられる。だが、テレビ業界の暗黙のルールに従って近いうちに退社するのではないかとの指摘もあるようだ。

「ほとんどの局で暗黙のルールとして、アナウンサー同士の恋愛や結婚は禁止されています。04年に日本テレビの魚住りえアナ(40=現在はフリー)と森圭介アナ(34)が結婚しましたが、ルールに従って同年の3月に魚住アナは退社しました。職場恋愛がご法度になっている理由は、局の顔であるアナウンサーの間で色恋沙汰が起きるとイメージが悪いし、夫婦共演させるわけにはいかないのでキャスティングも難しくなるためです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品