綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

2013年1月8日 10時00分 (2013年1月31日 09時09分 更新)

 13年1月6日スタートのNHK大河ドラマ「八重の桜」で、主人公の山本八重を演じる綾瀬はるか(27)。1年間の長丁場に備え、撮影前から綾瀬は気合い十分。和服を着こなすためにノーパン・ノーブラ生活をしていることは伝えられてきたが、それだけではない。

 スポーツ紙記者が話す。

「食事や運動でボディをシェイプアップさせたそうです。綾瀬は朝食の果物ジュースをミキサーで作ることさえ三日坊主だったり、夜も宅配ピザにハマったりと、食生活に無頓着なタイプだったそうですが、昨年からさまざまな種類のお酢にこだわるなど、太りやすい体質を改善。さらに、休日のロードバイク効果も加わり、顎のラインからウエストまで細くなっています。もちろん、自慢のFカップを維持したままです。大河のクランクイン時は地味な和服姿でしたが、アンダーバストを引き締めたので、胸の豊満さはしっかり確認できるほどでした」

 綾瀬の「肉体改造」は、先頃発売された写真集「原色」(文藝春秋刊)でも一目瞭然だ。06年から12年までの軌跡をまとめた集大成と銘打たれただけあって、ベビーフェイスのまま、綾瀬がアスリート体型に変貌していく様が克明に描写されているのだ。

 特に、最新撮り下ろしカットにあるベッドの上で跳びはねる姿は圧巻。ジーンズにセーターという露出控えめな姿ながらも、揺れ動く巨乳がまるで動画のように目につくのだ。

 NHK関係者が言う。

「事務所側は、ラスト写真集としていて、大河を機に水着やグラビアを封印、女優一本にしぼる方針だそうです。そのため、『愛くるしさを失わず、必死に毎日を生きる芯の強いヒロイン像で』と演出にまで注文がついています」

 前作、「平清盛」が大コケしたNHKは180度の方向転換を約束。綾瀬のために「特注カメラ」まで用意したという。

「現場に大判の撮像素子を搭載したデジタル映画用カメラを持ち込んでいます。高価な代物らしく、2台が限界だそうです。予算不足に悩むスタッフには、『タイトルになっている桜をキレイに表現するため』と説明したそうですが、カメラマンには『綾瀬をかわいく撮れ!』と大号令があったとか‥‥」(前出・記者)

 これで、公共放送でも鮮明な巨乳が拝めそう。

 一方で、NHKが不安視するのは、たびたび綾瀬が共演者とのロマンスを報じられること。最初の夫役である長谷川博己(35)は独身だが、再婚する新島襄役のオダギリジョー(36)は既婚者。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品