0

2度と仕事したくないTV美女(1)武井咲、上野樹里

2013年2月26日 09時58分 (2013年3月22日 09時09分 更新)

 映画で光り輝く女優、テレビに華を添えるタレント、ステージで魅了するアイドル──。そんな美女たちを身近で支える現場スタッフは、ともに“成功”を夢みる‥‥ことは意外と少ない。どちらかといえばムカッ腹が立つことのほうが多いのだ。本誌は実像を知るスタッフ100人に徹底調査。真の「嫌われ美女」を大公開する。

 本誌のリサーチで浮かび上がったのは、美女たちの性悪な実像。中でも、その悪評を一手に引き受けたのが、次に紹介する5人だった。笑顔の裏にある驚愕の素顔を以下──。

 昨年は「Wの悲劇」(テレビ朝日系)、「息もできない夏」(フジテレビ系)、「東京全力少女」(日本テレビ系)と、3クール連続でドラマ主演を務め、数多くの映画にも出演した女優の武井咲(19)。男女を問わず人気を集める若手実力派女優だが、現場では逆に“不人気”を集めているようだ。

「グラビアの撮影を前に、衣装を見て『聞いてない!』とダダをこね始める。マネジャーが武井とスタッフ両方に平謝りして、やっと撮影が始まって、ちょっとした小物を持たせようとしたら、再び『聞いていない!』ですよ。正直、ゲンナリです」(グラビア誌編集者)

 さらに、ドラマの撮影現場からも、武井の悪評が寄せられた。

「武井の控え室の前を通りかかったら、室内からヒステリックなわめき声が聞こえてきたんです。どうもマネジャーが携帯電話で話しているのが気に食わなかったらしく、『うるさい!』とか、『少しは寝かせてよ!』とか‥‥」(ドラマ制作スタッフ)

 だが、武井に関して、芸能プロ幹部はこうかばうのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品