「今年いっぱいは継続予定」! 『いいとも!』終了を間際で止めたタモリ

2013年3月4日 13時00分 (2013年3月12日 08時51分 更新)

 2月26日に放送回数7,777回を迎えたご長寿番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。1982年10月のスタート以来、お茶の間のお昼を楽しませてきた『いいとも』は、近年タモリの司会降板説や番組終了説が頻繁に飛び交い、視聴者を不安にさせている。そんな中、『いいとも!』存続の可否について新たな情報が入ってきた。

 2011年7月、東京スポーツが一面で、「2012年3月で打ち切りになる可能性がある」と報じたことをきっかけに、その後もさまざまな媒体で終了説が流れている『いいとも』。打ち切り説が流れる要因には、タモリが高齢になったことや、スタート当初は不調だった『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)が巻き返し、視聴率で『いいとも』が負ける日が多くなったことなどが挙げられていた。

 しかし番組は12年3月以降も続き、4月には名物コーナー「テレフォンショッキング」の「友達の輪」こと、電話をつないでのお友達紹介システムがなくなり、番組で指定されたゲストが日替わりで登場する流れに変わるなど、番組が大幅にリニューアルを開始。

 そして、7月には同番組をベースに同局の『FNS27時間テレビ』が放送された。総合司会は同じくタモリが務め、各曜日のレギュラー陣やアナウンサーも総出演し、秋に30周年を迎える『いいとも!』を盛り上げた。

 また、年末恒例の『笑っていいとも!特大号』では、前代未聞の5時間半の生放送が行われ、『特大号』には出演しないことが恒例となっている木曜レギュラーの笑福亭鶴瓶が、13年ぶりに出演するなど、スペシャルな内容が話題に。このように、昨年の『いいとも!』があまりの異例続きだったため、番組終了説がさらに根強くなっていったのだ。

 そんな中、関係者は番組の今後について次のように明かす。

「実際に、東スポが一面で報じた時点では、制作会社の方にも終了するという話が回っていました。ジャニーズや吉本興業など、多くの出演者が所属する事務所にも内々に連絡が入っていたんです。ところが、最後の最後でタモリさん所属の田辺エージェンシーが『終わらせない』という方向に話を持っていったそうで、タモリさんはギャラダウンだけでなく、宣伝色の強い面白みのないコーナーを作ることも甘んじて受け入れてくれたとか。番組は少なくとも今年いっぱいは続く予定です」(番組関係者)

 視聴率では、4~5%台(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)が妥当だった昨年秋頃に比べ、今年に入ってからは5~7%台と奮闘している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

『攻殻機動隊ARISE broder:3 Ghost Tears』エンディングテーマは「ショーン レノン コーネリアス」が担当。写真は素子フィギアとエンパイアステートビルとショーン・レノン(Photo by 本田ゆか/Yuka C. Honda)

ショーン・レノン×コーネリアス 『攻殻』最新作で

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」