「八代亜紀が“残酷な天使のテーゼ”を歌ってる!」Wiiカラオケソフトの新CMに反響。

2013年5月3日 12時00分 (2013年5月6日 11時11分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
任天堂のWii U用ソフト『Wii カラオケ U』の新CMが話題となっている。演歌歌手の八代亜紀が、若者を中心に人気のある楽曲『残酷な天使のテーゼ』をカラオケで熱唱する内容だ。彼女らしい歌いこなしが視聴者の間で話題となっており、ネットでも「うまい、さすが!」や「ないわ」など様々な反応が見られる。

『Wii カラオケ U』のCMといえば、T.M.Revolutionの西川貴教が人気エアーバンド・ゴールデンボンバーの楽曲『女々しくて』を歌ったバージョンが話題となった。それに代わり、4月30日から八代亜紀が高橋洋子の『残酷な天使のテーゼ』を歌う新バージョンが流れている。ツイッターでは西川貴教バージョンが見られないことを残念がる声もあるが、「八代亜紀が“残酷な天使のテーゼ”を歌ってる!」といった驚きの方が大きいようだ。

『残酷な天使のテーゼ』は高橋洋子の11枚目シングルであり、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲として有名だ。若者を中心にカラオケで歌われる人気曲でもある。それを演歌歌手の八代亜紀が原曲のイメージを払拭して“八代亜紀”の歌として熱唱する姿は、多くの視聴者から注目を浴びている。

ツイッターでも「八代亜紀さんの残酷な天使のテーゼ、初めて聴いたけどえげつないほどうまいな!」、「さすがにうめー、八代亜紀さん」、「八代亜紀の残酷な天使のテーゼ、かっこいいぞ」と彼女の歌を絶賛するつぶやきが多い。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)