じぇじぇじぇな17歳・橋本愛に“かなり異例”の熱愛報道「淫行条例は大丈夫?」の声も……

2013年5月10日 09時00分 (2013年5月17日 10時51分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が、『あまちゃん』(NHK)出演中の人気女優・橋本愛と共演俳優との熱愛を報じた。

 橋本のお相手は、映画『桐島、部活やめるってよ』などで共演している若手俳優の落合モトキ。誌面には、2人が手をつないで歩いている写真とともに、深夜まで落合のマンションで過ごしていたことなどが記されている。

「記事はあくまで、若手俳優同士の健全な交際として報じている。橋本はアイドルではないので、仕事面や人気面でのダメージは特にないでしょう。ただ、この報道は、実はかなり異例なんです。橋本はまだ17歳で、場合によっては、いわゆる“淫行”に問われる可能性が出てくるので……」(芸能誌記者)

 東京都をはじめ、多くの都道府県が青少年保護育成条例の中で「18歳未満の青少年との性行為、わいせつな行為をしてはならない」と定めている。

「もちろん、互いに恋愛感情があれば18歳未満でも“淫行”の罪に問われるものではありませんが、若い芸能人同士の恋愛なんて、どうこじれるか分からない。仮に当人同士が真剣でも、周囲が“別れさせたい”と思えば、どんな手を使ってでも引き離すのが芸能界です。だからマスコミの間でも、18歳未満の芸能人の熱愛スキャンダルは基本的にはスルー。記事にするとしても、“お泊まり”を連想させるような記述を避けるのが暗黙のルールになっているんです」(同)

 確かな演技力と存在感で、トップ女優への道を駆け上がっている橋本愛。今回の熱愛発覚も、いい刺激にしてほしいところだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)