0

加藤綾子 高島彩に人生相談で大盛り上がりした生野陽子の悪口

2013年5月15日 21時00分 (2013年5月16日 20時34分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

(提供:週刊実話)

 −−腐っても鯛ならぬ女子アナ王国−−のフジテレビにあって、人気のツートップといえば『めざましテレビ』の加藤綾子アナ(28)・生野陽子アナ(29)のコンビで決まりだが、実はこの2人、とても仲が悪い。
 「この4月1日付でフジを退社した彼女たちの先輩・長谷川豊氏も自分のブログの中で、2人が“犬猿の仲”であることを暴露しています。特にカトパンの方がショーパンの“KYで高ビー”なところを毛嫌いしているんです」(芸能記者)

 たとえば、今春、生野アナが加藤アナが司会を務めている『ホンマでっか!?TV』に出演したときのこと。
 『デートの最後、彼に大きく手を振ってバイバイをするか?』という質問に“ノー”と答えた生野アナ。理由を訊かれてこう答えた。
 「バイバイよりバイチューのほうが好き」
 この瞬間、加藤アナの表情が凍りついた。
 「控室で『バッカじゃないのあいつ』と、つぶやいていたようです。ショーパンの、自分さえ目立てばいいという言動が許せないようです」(放送関係者)

 そんな加藤アナは、4月23日にめでたく28回目の誕生日を迎えたが、当日のデート相手は、なんとフジの先輩で、現在はフリーとして大活躍の高島彩(34)だったという。
 「都内の超高級レストランで、カトパンがアヤパンに“人生相談”を持ちかけたようです。カトパンにとって彼女は女子アナとして尊敬してやまない先輩。中野美奈子(33)も含めてプライベートでも仲良しで、よく食事に行ったりしています」(フジテレビ関係者)

 最初に加藤アナが切り出したのは結婚問題だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品