0

消えた女優・宝生舞、今も旧ショムニメンバーと交流! 戸田恵子がブログで告白

2013年7月5日 09時00分 (2013年7月12日 12時51分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 10年ぶりに復活した、江角マキコ主演の人気ドラマシリーズ『ショムニ2013』(フジテレビ系)の情報解禁後、Twitter上で話題になっている女優がいる。江角が番宣のため出演した『SMAP×SMAP』(同)で、「旧ショムニメンバーがみんな出てくれて」と発言したことにより、2010年に芸能界から引退した丸橋梅役・宝生舞の名前が、一時急上昇ワードになるなど、番組ファンの間でにわかに盛り上がりを見せているのだ。

「宝生は1993年、高校生で芸能界デビュー。『銀狼怪奇ファイル』(日本テレビ系)など、当時の人気作品に次々と出演しました。どちらかというと天然のキャラクターと、最近の女優でいえば柴咲コウのようなエキゾチックなルックスで注目を集めていましたね。しかし、デビュー時に所属した大手プロを退社後は露出も減り、最終的にオフィス北野に移籍してから1年足らずで引退を発表しました」(週刊誌記者)

 その後は、宝生の名前が取り沙汰されることもなく、今回の『ショムニ2013』でも復帰はないと見られていた。

「しかし会見後、今度は同じく旧ショムニメンバーである戸田恵子ブログに、宝生の名前が登場しました。戸田がロケ中の写真を掲載したところ、ファンからは宝生の姿がないことを寂しがる書き込みが相次ぎました。すると翌日の更新で、『梅こと、宝生舞ちゃんはめっちゃ元気だよ。女優は引退したけど年イチショムニ会にはいつも顔を出してくれてます』と明かしたんです」(同)

 江角も「ショムニ会」の存在はこれまで度々公の場で話していたが、宝生を含めたメンバー間の交流が、現在も続いていたことは意外な事実だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品