0

仰天 タモリ31年目の大憤怒!! 「いいとも降板」Xデーと後継者

2013年7月24日 09時30分 (2013年7月28日 08時42分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
「タ、タモリがいない!」"事件"は白昼堂々と起こった。7月1日に放送されたお昼のトークバラエティー番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で、総合司会のタモリ(68)が一時的に番組内から消えたのだ。

「消えたのは、オネエ系のイケメンを決める"オネメンコンテスト"のコーナー。コーナー冒頭にはいたんですが、途中から映らなくなり、最後まで戻って来なかったんです」(夕刊紙記者)

タモリは『いいとも!』の全コーナーで司会を務めるわけではないが、休暇以外で彼が出演しない時間は1982年の番組開始以来、一度もなかったのだ。さらに翌日も、タモリが出ないコーナーがあった。

この異常事態に、視聴者は強い関心を示した。
「体調が悪いからだ」「ギャラを下げられて事務所が出演時間をセーブさせているんだ」……さまざまな憶測が飛び交ったのだが、本誌は"事の真相"といえる内部情報を極秘入手した!

制作会社関係者は話す。
「実は今春、番組の演出責任者が変わったんです。局内で期待が大きいヤリ手・A氏が狙ったのが、"おばさん層の視聴率"だった。同時間帯のライバル番組に押され気味のいま、企画の方向性を変えて、露骨に視聴率を取りにいったんです」

それが、前述のイケメン企画だったのだ。だが、それにタモリがブチ切れた!
「"だったら俺じゃなくてもいいよな"というのが、タモリさんの思い。方針転換後、ずっと説得をしてきたんですが、納得はしてもらえなかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品