0

どん底の満島ひかり下積み時代を支えたミッツ・マングローブ

2013年8月29日 16時00分 (2013年9月1日 03時33分 更新)

 ドラマ『Woman』(日本テレビ系)でシングルマザーを演じ、多くの女性団を泣かせている満島ひかり(27才)。その秘密は“挫折”と“家族”にあった──。

 沖縄出身の満島は、ともに中学校の体育教師だった両親のもと、弟2人、妹1人の4人きょうだいの長女として生まれ育った。父は元サッカー日本代表・トルシエ監督似のフランス系アメリカ人のハーフで、満島はクオーターだ。

「お父さんは地元の中学のバスケットボール部で顧問をしていて、チームを全国大会の優勝に導いたこともある名監督なんです」(地元の住民)

 そして、1997年、満島は11才でアイドルユニット『Folder』としてデビューした。デビューシングルは10万枚を超える売り上げを記録するなど、順風満帆のスタートを切った。その後『Folder5』として再デビューするも、グループの活動は下降線となり、2002年には活動休止となってしまう。

 結局、満島は個人で芸能活動を続けたが、鳴かず飛ばずの日々が続く。挫折と闘いながら、徐々にドラマ出演を増やすなど、女優としてチャンスを掴み始めた2006年7月、彼女が生まれ育った実家に思わぬ事態が…。

「家計が苦しかったみたいで税金などを滞納して、実家が沖縄市に差し押さえられてしまったんです」(満島家の知人)

 そして2007年10月、さらに彼女を苦しめる事件が起こる。父親が酒気帯び運転で事故を起こしたのだ。

「沖縄市内の国道で、父親が乗っていた軽乗用車が赤信号で止まっていた乗用車に追突したんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品