0

当局が狙う「大物シャブ芸能人12人」極秘リスト vol.2

2013年9月8日 08時00分 (2014年5月20日 11時42分 更新)

一方、男性芸能人からも名だたる大物がリスト入りしている。



まずは、現在、最も勢いのある男性アイドルグループのリーダーH。

「Hは逮捕寸前までいき、その際には彼の自宅前にマスコミが大挙押しかけたんだ」(首都圏捜査員)



Hの事務所の先輩であるIとJに対しても当局の目が光る。

「日本で一番人気のある男性アイドルだったIも、かつて常習者だった。彼は、若い頃に超大物親分に可愛がられていたが、それとクスリは関係ないようだ。一方のJは、アイドルながらテレビ番組の司会も数多くこなす人物。生放送の番組にも多く出演しているが、クスリの影響か、テンションにムラがある」(前同)



そして、Jには日本の映画賞を複数受賞するベテラン大物俳優との接点も。

「Jのネタ元は、彼と同じ苗字のベテラン俳優Kにも提供している。受け取る当の本人たちはそれに気づいていないだろうが」(同)



そして12人目のLも大物俳優。

別の薬物を使用して病院へ搬送された過去を持つ。

「Lと接した人間は、"話しても辻褄が合わない。毎回人格が違う"などの違和感を感じるそうだが、それでもLはCM、ドラマ、映画と引っ張りだこ。飲み歩きが好きで、酔うと"自分のケツ持ちは○○○(某広域組織の中核団体)だ"とウソぶくそうだ」(同)



これら12人全員が大物芸能人だが、ほかにも多くの芸能人の名前が捜査関係者から挙がった。



ここで気になるのが、芸能人の違法薬物の入手方法だ。

顔が知られているだけに表立った行動ができず、マスコミの目もある。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品