女子アナ「夜の大運動会」で巨乳ユッサユッサ

2013年10月23日 09時55分 (2013年10月24日 09時09分 更新)

 木曜深夜に放送されている「女子アナの罰」(TBS系)はその番組名のごとく、TBSの女子アナ数人が登場して与えられたお題をこなし、最もダメだった人物が恥ずかしい罰ゲームを命じられるというバラエティ。

 10月3日と10日の2週にわたって「開催」されたのは、体育館を会場にした「秋の大運動会」だった。

 登場した「選手」は田中みな実佐藤渚吉田明世の各アナである。このTBSチームと対抗するべく、特別ゲストとして、多数の美女キャスターを抱える事務所セントフォースの若手3人が参戦。徒競走、走り高跳び、障害物競走、ムカデ競走、玉入れ、リレーといった種目が行われたが、目を見張ったのは、セントフォースチームの「悩殺プレー」だった。

 白い半袖運動着にブルマー風の短パンという姿からして鼻血モノだが、走り高跳びの際にはMCのサンドウィッチマン伊達みきお大久保佳代子が、こんなやりを展開。

「竹内さん、スタイル良くないですか」

「いや、スゴイと思います」

 天然キャラの19歳・現役女子大生、竹内紫麻アナの巨乳のことである。体操着越しに隠し切れないほどの「盛り上がり」。F‥‥いやGカップはあるのではないか。スレンダーなTBSチームに比べると、肉体アピール度は格段に上である。

 それが助走時はもとより、跳んで着地の瞬間にはブルル~ンという音が聞こえてきそうな大揺れ&大暴れ状態だ。走るたび、見ているほうが恥ずかしくなるほどユッサユッサ。リレーの走りなどは、番組中最高の見どころだった。

 さらにもうひとり、「情報7daysニュースキャスター」に出演する玉木碧アナの、いわゆるトランジスタグラマーなバストにも目はクギ付け。動くたびに上下左右に激しく「アピール」する様は悩殺度◎なのだ。

 ポイント制で争われた大運動会はTBSチームが勝利。だが視聴者の心と下半身をワシ掴みにしたのは巨乳チームであることに疑いの余地はない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品