元「軟式globe」のパーク・マンサーが復活して話題に

2013年10月23日 17時57分 (2013年10月25日 14時08分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 元「軟式globe」のパーク・マンサーが、活動再開したことで話題を呼んでいる。

 軟式globeとは、かつて放送されていたTBS系バラエティ番組『学校へ行こう!』の、ラッパー発掘企画「B-RAP HIGH SCHOOL』に出演し、ブレイクしたグループ。

 軟式globeの名前の由来は、小室哲哉率いる音楽ユニット「globe」をオマージュしたことから。女性ボーカルはKEIKOをもじって「KOIKE」、ラップのマーク・パンサーをもじって「パーク・マンサー」を名乗っていた。

 globeの『Love again』の曲に合わせて、KOIKEが歌詞の英語部分を「アホだなぁー」と空耳風に歌い、その間奏でパークが失恋などの自虐ネタでラップをするパフォーマンスで人気を博した。

 解散後、KOIKEは結婚して芸能界を引退し、パークは一時は本名・三箇一稔(さんがかずとし)を名乗るなど改名を繰り返しながら、芸能活動を続けていた。

 そして、2013年10月12日にオープンした公式サイト「PARK MANTHER III OFFICIAL SITE」で、三箇の三代目パーク・マンサーの襲名と、2代目ボーカルの募集が発表された。トップページの告知動画では、久しぶりに公の前に姿を現した現在のKOIKEの姿も見られる。

 このニュースに、インターネットユーザーたちの間では「ぎゃぁぁぁぁぁ!!軟式グローブ復活あほだよ!!俺歓喜」「ダメだこいつ。もう笑いが止まらない」「11年もたつのに意外と変わってないwwwwww」「今でも充分笑えるわー」など好意的な反響が相次ぎ、復活歓迎ムードとなっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)