芸人不要時代の到来か!? 秋の新番組が次々と爆死

2013年10月27日 13時00分 (2013年11月4日 14時49分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

芸人不要時代の到来か!? 秋の新番組が次々と爆死

[拡大写真]

※イメージ画像:TBS系『内村とザワつく夜』より

 番組改編期に伴う秋の特番期も終盤に入り、続々と新番組がスタートしている。そんな中、大物たちの新番組が初っ端から苦戦を強いられている。特に、TBS系で始まったダウンタウンがメインを務める『100秒博士アカデミー』とウッチャンナンチャン内村光良が司会をする『内村とザワつく夜』の視聴率がいずれも低視聴率を記録し、話題を集めている。

 22日にスタートした両番組。その視聴率は、『ザワつく夜』が平均4.0%で『100秒博士』が6.2%(共にビデオリサーチ調べ・関東地区)と21時・22時台としてはお世辞にも褒められない数字を記録。こうした現状にネット上ではダウンタウンや内村といった大御所芸人たちが、いかに視聴者に求められていないかということが浮き彫りになったと囁かれている。

 ダウンタウンらの世代の芸人が不要かどうかということはさておき、確かに今のテレビバラエティ界では芸人たちに対する扱いが変化してきている。たとえば最近では、ディレクターや俳優などが海外ロケに行ったVTRをスタジオの芸人たちが見るという構成が流行している。いくつか番組例を挙げると、『世界の村で発見!こんなところに日本人』(テレビ朝日系)、『ホムカミ ~ニッポン大好き外国人 世界の村に里帰り~』(TBS系)、『世界の日本人妻は見た!』(TBS系)、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)、『世界ナゼそこに?日本人』(テレビ東京系)、『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』(フジテレビ系)などなど。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)