0

紅白出場者発表の陰で泣いたアーティストたち

2013年11月26日 14時45分 (2013年11月27日 14時44分 更新)

 大みそかに行われる「第64回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が25日、NHKから発表され、「E-girls」、「NMB48」、泉谷しげるら計9組の初出場が決定。泉谷らは会見で喜びを語ったが、昨年出場して今年落選もしくは、各スポーツ紙などで内定が報じられたものの名前がなかった主な落選組の顔ぶれとその理由とは?

 昨年出場した落選組の主な顔ぶれは常連だった中島美嘉倖田來未絢香、NYCらだったが、「NYCはジャニーズの枠内で初出場の『Sexy Zone』に交代。中島、倖田、絢香はいずれも今年ヒット曲がなく、特に紅組は7組の演歌枠を減らさなかったため、常連組にしわ寄せが来てしまった。倖田の場合、所属レコード会社・エイベックスAAAを昨年までの白組から紅組に“移籍”させるNHKの無茶ぶりを聞いたにもかかわらず、中島はレコード会社枠をmiwaに奪われたため落選。絢香は今年の活動実績も乏しかったことが落選の決め手」(レコード会社関係者)

 各スポーツ紙などで名前があがりながらも落選してしまったのは6年ぶりの出場を狙っていたモーニング娘。、“求愛騒動”で渦中の華原朋美、豪華衣装が紅白の風物詩だった小林幸子、昨年のレコード大賞で新人賞を受賞した家入レオ、先日のコンサートで事実上の解散となったKARAら。

 「モーニング娘。は一部週刊誌で報じられたNHKプロデューサーの芸能プロからの“肉弾接待”で某メンバーが接待したとされたのが大きなマイナスに。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品