0

大晦日特番は今年が最後!? 「笑ってはいけない」ジリ貧 ダウンタウン

2013年12月22日 09時30分 (2013年12月25日 18時42分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
「1年間でレギュラー番組3本が打ち切られ、現在出演している番組も風前の灯。"来年はレギュラーゼロ"なんてこともあり得ますよ」(芸能担当記者)

人気お笑いコンビ、ダウンタウン
かつては「年収は2人で20億円を超えていた」(業界関係者)というほどの大活躍を見せたコンビに、師走の寒風が吹きつけている。
昨年12月に『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)が終了。
今年9月には『爆笑大日本アカン警察』(フジテレビ系)、『リンカーン』(TBS系)も打ち切りに。
「いずれも視聴率低迷が原因です。彼らはギャラがトップクラスのため、平均12%程度の視聴率が取れないと、局側は割に合わないんですよ」(前出・記者)

現在レギュラーを務める4番組も視聴率は低迷中。
なかでも関係者が注目するのが、ダウンタウンの"本尊"とも言える『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の落ち込みだ。
「89年の放送開始からすでに四半世紀。ダウンタウンも"『ガキ~』だけは続ける"と思い入れが強い番組です。ただ最近は、5%台の視聴率に低迷することも多く、日テレ上層部では打ち切りが検討されているといいます」(前出・関係者)

そうなると、大晦日に放送される『ガキ~』の特番『笑ってはいけない○○』シリーズも、今年で見納めになる可能性がある。
「ダウンタウンと二人三脚で『ガキ~』を育てた菅賢治さん(日本テレビ制作局長代理)が退社し、芸能事務所に転職するようなんです。そうなると、ダウンタウンは後ろ盾を失うことになる」(前同)

復活はあるか!?

週刊大衆12月23日号

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品