中居正広が“お笑い芸人・内村光良”を絶賛。「ウッチャンは神様」

2014年6月9日 18時15分 (2014年6月12日 19時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
SMAPの中居正広が、冠番組『ナカイの窓』でお笑い芸人の内村光良ウッチャンナンチャン)の存在感を高く評価した。内村が所属するマセキ芸能社の後輩・狩野英孝から、その人柄の素晴らしさが語られると中居も大きくうなずいて同意していた。

学んでいた横浜放送映画専門学院で1985年にコンビを組んだウッチャンナンチャンは、講師だった内海桂子・好江のすすめでマセキ芸能社に入った。1988年に始まったレギュラー番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)で注目されて人気が上昇。1990年頃にはとんねるず、ダウンタウンに続くお笑いコンビとして若者から支持される。

その後、コンビによるバラエティ番組で大ブレイクしたが、今は2人それぞれの活動が多くなった。内村光良は『世界の果てまでイッテQ!』などでMCとして活躍しながら、最近はNHKのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』で新しいお笑いを模索している。

6月4日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)には“次世代ゲストMCスペシャル”と題して、お笑い芸人やタレントたちが出演した。そのひとりが狩野英孝だった。

狩野英孝は目標とするMCに事務所の先輩でもある内村光良を挙げると、MCの中居正広も「ウッチャンは本当に、神様みたいなんだよね」と唸るように共感している。狩野はとにかく「内村さんは優しくて聞き上手」だと評価する。「大した内容がある話でもないのに、ニコニコと聞いてくれる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)