0

釈由美子がGACKTとの「10年来の不適切な関係」を否定

2014年6月12日 01時57分 (2014年6月16日 13時08分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
 釈由美子が自身のブログで12日、同日に36歳の誕生日を迎えたことについて感想を語るとともに、一部報道で伝えられていたGACKTとの「10年来の不適切な関係」を否定した。

 釈は、「36歳かぁ。。ハタチの自分が今の私を想像できていたかなぁ…とっくのとおーに結婚して 今ごろ、2人くらい子どもがいて ダンナと子どもたちでコロッケつつき合ってる食卓を 夢みていました」と語り、「現実は、そんなに甘くはなくて。すっかり婚期を逃してビールとわんこが、唯一の癒しの仕事に忙殺される日々を過ごしています」と、一抹の寂しさをのぞかせた。

 そのうえで、「巷では、私がすごい大スターの方と10年来の不適切な関係とか言われて武勇伝のようにひとり歩きしてるようですが 実際のところ、こんなしょぼいアラフォーにそんな浮いた噂が出ること自体 現実離れしすぎてて呆れてしまいます」と、一部報道にあったGACKTとの関係を否定。

 「だいたい連絡先も全く知らないのにどうやって、プライベートで逢えるっていうんでしょうね 写真を撮られたならまだしもよくわからない関係者の証言ってだけで それが記事になって真実とされて広がってしまう ほんとに恐ろしいセカイです…」と、困惑していることを明かした。

 釈は、この件について「よっぽどインパクトがあったのか いまだに今回のことは言われるし 共演者にも聞かれたりして 否定するのも、めんどくさくて うんざりしています」と、心境を吐露。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品