0

矢口真里「一般人として暮らしたい」ゴマキと同時復帰も拒否で、芸能界引退か

2014年7月2日 09時00分 (2014年7月11日 09時10分 更新)

 期待した矢口は現れなかった。

 芸能活動を再開した歌手の後藤真希が26日、テレビ東京開局50周年記念特別番組『テレ東音楽祭』に生出演した。活動休止した2011年12月以来、2年半ぶりのテレビ出演。ゴマキは安倍なつみ石黒彩モーニング娘。OGとともに登場し、往年のヒット曲「LOVEマシーン」と「恋愛レボリューション21」を歌い踊った。

 一方で、マスコミがひそかに期待していたモー娘。OGの矢口真里は欠席……。昨年は“間男”梅田賢三との“自宅不倫騒動”で離婚を余儀なくされ、同年6月から事実上の謹慎生活を送っている。

「騒動からちょうど1年。業界では『もうミソギは済んだ』という認識なのですが、本人が人前に出ることを極度に恐れているそうなんです」とはテレビ関係者。

 今春には一部女性誌が矢口を直撃した際、記者を呼び止め「あなたたちのせいで!」と激高したと報じられた。スポーツ紙記者は「ことあるごとに週刊誌に追いかけられ、精神的にも参っているそうです。最近は『一般人として静かに暮らしたい』と、芸能界引退までほのめかしているそうです」と明かす。

 当初、所属事務所は矢口の復帰に乗り気だったが、梅田との関係が切れていないことが判明するや、サジを投げたという情報もある。

「それでも矢口はモー娘。の功労者。事務所社長はまだ、復帰をあきらめていないそうですが……」(週刊誌記者)

 ゴマキと同時復帰のタイミングを逃した今、矢口はさらに出づらくなった感は否めない。このままフェードアウトとなってしまうのか――。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品