0

新ユニット結成の元モー娘。加護亜依は「実質、芸能界を追放されている」再起は絶望的……

2014年8月13日 11時00分 (2014年8月20日 11時00分 更新)

 元・モーニング娘。加護亜依が、ガールズユニット「Girls Beat!!」を結成、かつて仲間だった、元・モー娘。メンバーの名前を使っての話題づくりに奮闘し、本格復帰を画策しているが、再び表舞台に立つことは相当に厳しそうだ。

 なぜなら、実は加護は3年前の事務所移籍トラブルの際に、大手プロ「アップフロントグループ」から出戻りを拒否され、事実上、芸能界から追放されていたことが、筆者の取材で新たに明らかになったからだ。

 Girls Beat!!は、7月26日に浅草のライブハウスで初お披露目された。加護のほか、オーディションで選ばれた2名によって結成。会場には約300人のファンが詰めかけたというが、ライブを見に行ったマスコミ関係者によると「実際のお客は150人くらいで、あと半分は関係者を集めたみたいですね」と言う。

 さらに「デビュー前から予想はしてましたが、これほどレベルが低いとは……驚きというより呆れました。歌もダンスも学芸会並み。ビジュアルに関しては、並み以下。将来性はゼロ」(同)と手厳しい。

 それでも加護は、ミニモニ。のメンバーだった辻希美矢口真里、それに後藤真希の話題をブログなどで持ち出して、マスコミにリップサービス。それらを取り上げてもらうことで自らの存在をアピールし、テレビ露出のチャンスを狙っているということが見え見えの戦略を取っている。

 しかし、そうした言動はアップフロントを刺激するだけの逆効果。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品