カンニング竹山と華丸の“確執”、同期・同郷の2人がエピソード明かす。

2014年8月22日 07時17分 (2014年8月24日 00時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
カンニング竹山(43歳)と博多華丸(44歳)の間には、以前、大きな確執があったという。8月21日に放送された「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)で2人のエピソードが明かされた。

吉本興業・福岡事務所の同期(1991年デビュー/1期生)で、同郷の仲である2人だが、竹山はわずか1年で事務所を退所。「福岡から逃げるように上京」し、約10年後に“キレ芸”でブレイク、全国にその名を知られる芸人となった。そんな頃に、ある事件が起きたという。

久しぶりに地元・福岡での仕事があった竹山。そのとき一緒だったのが、当時すでに福岡では人気者になっていた華丸だった。しかし、全国区になって天狗になっていた竹山は、華丸に向かって「福岡はゆるかね~こんなゆるいロケでいいんだ~」と一言。この竹山の言動にムカッと来た華丸は、やはり同郷の芸人・パンクブーブー黒瀬純(39歳)に「あいつは福岡におったけど すぐ辞めてくさ!」と語るなど、竹山のことを良く思っていない雰囲気を漂わせていたそうだ。

竹山は「東京で10年経って、売れたときにこう(天狗に)なるわけよ。こうなるのは世間に対してじゃなくて、福岡の華丸・大吉とか福岡の芸人に対して天狗になるわけ。やっぱり俺の考えが10年かかったけど間違ってなかった」と当時を述懐。同期の博多華丸・大吉は特に意識する存在だったという。

パンクブーブー黒瀬は「2人が並んで座ってるのが『わぁ』ってなりますけどね」「ピリピリしてたのも見た事ありますし、お2人が」と、周囲から見ても2人の間には緊張感が漂っていたと証言している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)