6

異常な嫌われぶりを見せるMay J.の無自覚な炎上要素5つ

2014年8月23日 12時00分 (2014年9月12日 09時55分 更新)

 このところ、やたら叩かれがちな歌手のMay J.(26)。持ち歌のヒット曲はなく、彼女が話題になったきっかけは、『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)におけるカラオケの高得点を競うコーナーでの活躍ぶりだった。同コーナーでは26連勝という偉業を成し遂げ、「歌うま女性」のポジションを確立。知名度を上げた彼女はディズニー映画『アナと雪の女王』のエンドソング「Let It Go~ありのままで~」の歌手に抜擢され、映画の大ヒットが影響したのか、同曲が収録されている3月26日発売の最新カヴァーアルバム『Heartful Song Covers』(rhythm zone)も、オリコン週間ランキングで2週連続2位という好調な売れ行きを見せた。

 しかしそんな活躍と比例するように嫌われっぷりも上昇しているようだ。20日には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、徹子の前で「Let It Go~ありのままで~」を熱唱する姿が流れたが、ネット上では「他人のふんどしおばさん」「カバーソング芸人」と、これまでのカヴァーアルバムも揶揄するような声が溢れてしまっている。

 こうした声が多いのは、May J.にもともとカヴァーソングのイメージが強いことに加え、「Let It Go~ありのままで~」は劇中で松たか子が歌っており、そちらについての評価が国内外で非常に高く、レリゴーといえば松たか子、といったイメージが先に定着してしまったためだろう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    歌は上手いと思います。ただ私はなんか‥声質というか歌い方というか、上手いでしょ!みたいな感じでしつこく聴こえてしまう。好みの問題だと思いますよ。

    10
  • 匿名さん 通報

    声通ってない 苦しそう 聞いてても気持ち良くない

    7
  • 匿名さん 通報

    この人の歌はよくいる歌うま少女と同レベルにしか感じない。 きれいで声量はあるのに歌に対する情緒がなく、歌っている自分がただ気持ちいいだけ、という感じがする。

    6
  • ライブ感のときめき? 通報

    TV出演を嫌がるアーティストと真逆な感じがする。目前の手厳しい正直なお客さんの反応に晒されながら歌うことが当たり前の人達の伝える技量、というかダイレクトなニュアンスが乏しいような

    2
  • 匿名 通報

    ようは、自分で、オリジナル ヒット曲を、出して、認められる しか、ないな!( ̄ー ̄)ノ もう、人のふんどしは、やめないと、ずっと、叩かれるぜ! ( ̄▽ ̄;)

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品