0

関根麻里 「取材NG結婚式」にした本当の理由

2014年9月17日 09時59分 (2014年10月2日 10時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 先月末、タレントの関根麻里(29)が韓国人歌手K(30)と、赤坂氷川神社で行った結婚式。麻里の父である関根勤(61)をはじめ、親族や関係者約30人が出席する中、白無垢姿の麻里と紋付袴姿のKが登場した神前式の挙式では、写真撮影は公開されたものの、マスコミの質問は受け付けない「取材NG」となった。

 結婚相手が韓国人男性であることから、発表後、日韓双方のメディアで話題となったカップル。結婚式で麻里が記者に無言を貫いたことについて、

「ああ見えて、彼女はネットの反応をものすごく気にするんですよ」

 と語るのは、以前から関根ファミリーと付き合いのある芸能事務所のマネジャーである。

「09年にラジオ番組での共演がきっかけでKさんと付き合い出した時も、麻里さんは『韓国の人と付き合って、ネットになんて書かれるかな‥‥』と、しきりに反応を気にしていました。彼女が司会を務める朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)でも生かされていますが、デビュー以前、アメリカの名門エマーソン大学マーケティングコミュニケーション学部に留学していた経験を持つ彼女の情報収集力は、芸能界随一。自身の評判についてもしっかりとチェックしています」

 芸能界随一の才女は、ネットにあふれる自身への「ヘイトコメント」にどんな思いを抱くのか──。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品