嵐、NHK幹部らにブランドバッグの“お土産”!? 『紅白』司会への贈賄疑惑発覚か

2014年10月16日 08時00分 (2014年10月23日 14時50分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 年末の『NHK紅白歌合戦』で、史上初の5年連続白組司会を務めることになった嵐だが、16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、“贈賄疑惑”が報じられた。今年も『紅白』司会枠を嵐でゲットしたかったというジャニーズサイドの思惑は、見事に成就したようだ。

 同誌によると、ジャニーズサイドは今年夏の時点で、NHKの『紅白』担当の上層部に向けて、銀座にある高級店のバームクーヘンを贈呈していたという。今年デビュー15周年の嵐は、アニバーサリーイヤーの締めくくりとして、なんとしても『紅白』司会も手中に収めたかったようだ。

「バームクーヘンの箱に掛かっていたのし紙には、メンバー5人の名前とともに、ジャニー喜多川社長の名前が連名で書かれていたそうです。また9月に開催されたハワイでのコンサートでも、NHKをはじめとしたマスコミには、ジャニーズ側から最高級ホテル『ハレクラニ』の部屋が用意されており、さらに幹部クラスにはお土産として、高級ブランドのバッグやネクタイまで贈られていたとか」(芸能ライター)

 こうした“営業”の甲斐もあってか、今月10日、紅組司会に選ばれた朝の連続テレビ小説『花子とアン』主演の吉高由里子とともに、司会者発表記者会見に登壇した嵐。しかし悲願の5年連続司会決定も虚しく、ネット上では「また嵐か」「いい加減飽きた」など、嵐ファンからさえ「さすがに5年連続は……」といった意見が多数噴出する始末だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)