0

SPEED“事実上解散”! 新垣仁絵退所、“沖縄ローカル”島袋寛子ら意外なお仕事事情

2014年10月25日 09時00分 (2014年11月2日 09時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 上原多香子の夫・TENNさんが自殺したことで、にわかに注目が集まっていたSPEEDだが、メンバーの1人、新垣仁絵が人知れず所属事務所を去っていたことが判明した。

 23日配信の「ZAKZAK」記事によれば、新垣は昨年4月に一般人男性と結婚した際、所属事務所との契約を更新せず、同事務所を退所していたのだという。

「結婚を機に、新垣は『タレント活動をしたくない』と事務所に申し入れており、現在ではヨガインストラクターの資格を取得して、フリーランスとして活動しているほか、ファッションデザイナー、イラストレーターとしても仕事をしているとか。つまりSPEEDは昨年の時点で、事実上解散していたということです」(芸能ライター)

 確かに事務所オフィシャルサイトから、新垣の名前は消えている。しかしSPEEDのファンクラブ特設サイトには、いまだに新垣の写真が入ったままというだけに「2度の期間限定復活を経て、2008年に本格的な再結成となったSPEEDでしたが、結局はメンバーの気持ちがSPEEDには向いていかなかったということでしょう」(芸能プロ幹部)という。

「特に新垣は、SPEEDの解散直後から音楽活動だけには注力はしていなかったし、いまさら事務所を去っていたとしても別に驚きはありません。各メンバーがソロに転向した直後こそ、事務所社長は『4人分の売上があるから、晩年のSPEEDよりは儲かってるんだよ』なんて笑っていたものですが」(同)

 最盛期こそ200万枚を超える売り上げを記録した「White Love」など、ヒット曲を連発したSPEEDだが「再結成後にリリースしたセルフカバーのベスト盤は、オリコンチャートで年間売り上げ80位。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品