0

“ゲス芸人”村本も顔負け!? 劇団ひとりがファンに手を出していたことを告白

2015年1月7日 09時59分 (2015年1月16日 10時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月23日に放送されたバラエティ番組「ヒネクレ星雲第4惑星 モノモース」(日本テレビ系)で、劇団ひとりが過去にファンと親密な関係にあったことをカミングアウトした。この番組のMCを務めたのは劇団ひとり、ウーマンラッシュアワー村本大輔菊地亜美の3人。

 この日、ファンに手を出すことを様々な場所で公言している村本に対して、菊地が疑問を投げかけている時のことだった。突然、劇団ひとりが「俺もファンは全然食ったからね」と告白。スタジオが驚きの声で包まれる中、あるファンとのエピソードを語りだした。

 ひとりがある日、実家に帰ると玄関の前で見知らぬ女性が体操座りをしていたという。そのファンに対し「実家に来ちゃダメでしょ!」と注意したというひとりだが、結局、「その娘とも結ばれた」と発言。ファンは「ホテル行きましょうよ。絶対何もしないから」と、普段は男性が言うような台詞を吐き、その言葉を信じてホテルに入るも、ひとりは「結局されるがままでした」と過去の経験を話した。

大沢あかねと結婚する前はよくファンと遊んでいたようです。その場限りの関係でなく、あるファンとは2年ほど付き合っていたこともあると聞きます。彼は出待ちするファンの中にタイプな子を見つけると、まずサインを書きながら一緒に歩くんです。そうすることで集団と距離を置き、こっそり連絡先を聞き出していたそうです」(芸能ライター)

 そんな劇団ひとりも2009年に大沢あかねと結婚し、現在は芸人だけでなく作家、役者、映画監督と大忙し。ファンと遊んでいる暇はなさそうだが、果たして!?

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品