0

初動50.8万枚で着火!三代目JSBファンvs嵐ファンの収束不能バトルが勃発

2015年2月9日 09時59分 (2015年2月18日 10時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 7人組のダンス&ボーカルユニット・三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの最新アルバム「PLANET SEVEN」が、2月9日付けのオリコン週間アルバムランキングで1位に初登場。初週50.8万枚を売り上げ、初動の自己最高記録を更新した。

 男性アーティストによるアルバム初週売り上げが50万枚を突破したのは、昨年10月に発売された嵐の「THE DIGITALIAN」による初週66.0万枚の記録以来。昨年暮れのレコード大賞受賞で弾みをつけての今回の大ヒットに、ネット上では嵐ファンから本格的にライバル視する声が聞こえ始めている。

「初回CDにライブDVDが2種類も付いている。嵐がこんな特典付けたら軽くミリオンいくわ」

「歌やダンスが上手くても、MCや芝居はまだまだ。アイドルは歌って踊るだけじゃないんだよ」

 とはいえ、三代目JSBの勢いは止まらない。メンバーの岩田剛典は、昨秋放送のドラマ「ディア・シスター」(フジテレビ系)に出演し、一気にお茶の間に浸透。NAOTOは2月7日公開の映画「マンゴーと赤い車椅子」に、小林直己も2月22日放送のドラマ「クロハ~機捜の女性捜査官」(テレビ朝日)に出演するなど、音楽以外の活動範囲も拡大している。三代目JSBファンからは「もはやジャニーズを脅かす存在に成長している」と応戦コメントが寄せられ、舌戦は収まる気配を見せないのだ。

 これには見かねた非ファンも仲裁に入る始末。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品