1

櫻井翔、MALIAとは高校時代に親交…渋谷でヤンチャに過ごしていた?

2015年2月20日 16時15分 (2015年3月10日 16時55分 更新)

 2月19日に放送されたバラエティ番組『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、嵐の櫻井翔(33)とモデル・MALIA(32)が古い友人であることが明らかにされた。この日のゲストは、元日に三度目の結婚をしたことと自伝本をリリースしたことで話題のMALIAと、三浦理恵子(41)、西内まりやの姉・ひろ(26)。MALIAとの古い親交について切り出したのは意外にも櫻井の方だった。

 「意外なことって、自分で言うのもおかしいんですけど……MALIAちゃんは、高校生のとき以来です」と明かした櫻井に、MALIAも「そう、仲良かったんだよね。実はお友達で」と身を乗り出した。2度の離婚を経て3度目の結婚をしたMALIAは、2番目の夫である山本“KID”徳郁(37)のイメージもあってヤンチャな印象が強いタイプのタレントだが、櫻井は慶應義塾に幼稚舎から通い大学も卒業、ニュースキャスターも務める優等生タイプ。2人のギャップゆえ、MCの有吉弘行(40)は櫻井に「悪い友達がいるんだね~」とお決まりのニヤニヤ笑いを浴びせた。

 出会ったのはMALIAが高校1年生、櫻井が高校2年生の時。MALIAの地元(横浜)の友人が当時、ジャニーズJr.に在籍していたのだが、それが櫻井の「一番仲良かったヤツ」だったそうである。お互いを“MALIAちゃん”“翔くん”と呼び合っていたという。

 MALIAは中学3年生の頃から渋谷に入り浸るギャルで、高校は1年の1学期でドロップアウトして「egg」(大洋図書)でモデル業をしていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • はるか 通報

    驚きました。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品