坂上忍、元少年Aの手記出版を批判 - 松本人志の「僕は読まない」に共感

2015年6月14日 13時21分 (2015年6月15日 10時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
俳優の坂上忍(48)が、14日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)にゲスト出演し、1997年の神戸連続児童殺傷事件の加害者男性(32歳 / 事件当時14歳の元少年A)が手記『絶歌』(太田出版)を出版したことについて批判した。

同書が発売されたことを受け、小学6年生の土師淳くん(当時11歳)を殺害された父・守さんは「なぜこのようにさらに私たちを苦しめることをしようとするのか全く理解できません」「今すぐに出版を中止し本を回収してほしい」とコメントを発表。この出版の是非について、ネットを中心に賛否両論が巻き起こっている。

番組でこの話題が取り上げられ、坂上は「"表現の自由"がよく分からなくなった」と吐露。「原作者は少年Aなんでしょうが、亡くなられたお子さんも遺族の方も、もう一方での原作者だと思う」と持論を述べ、「なぜその人たちの了解を得ずに初版で10万部刷るのか。さっぱり分からない」「担当者の方にOKを編集長が出したのか分からないですけど、僕がその立場だったら無理ですね。勇気ないです」と発行元に疑問を投げかけた。

「法的には罪を償って出てきているわけで、出版に関して問題ないのかもしれない」と認めつつも、「やっぱり感情論としては全く納得ができない」。同じくゲスト出演した俳優・武田鉄矢(66)の「少年犯罪を分析する上で貴重な例となるのでは」という意見には、「でもそれって出版する必要あるんですかね」と問いかけ、「若い子たちが読んだら(犯罪の)助長になりかねないんじゃないか」と続けた。

また、同番組レギュラー・松本人志(51)の「被害者のお父さんがここまで言うなら、僕は読まない」に、「僕も読む気もない」と共感。「"読まない"ということしかできない」と悔しさをにじませていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)