『デスノート』高視聴率の理由は山崎賢人!? 「福士蒼汰を抜く」と芸能関係者が熱視線

2015年7月12日 16時00分 (2015年7月14日 16時20分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 放送前から話題を呼んだドラマ『デスノート』(日本テレビ系)の初回視聴率が16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、今年の民放連続ドラマの初回としては、SMAP・木村拓哉主演のドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)を超えた。

「原作人気も当然ありますが、原作、映画版と主人公たちの設定を変えたことで話題を呼んで、この視聴率となったんでしょう。あとは、主演の窪田正孝、ライバル役の山崎賢人の人気によるところが大きいと思いますよ」(テレビ局関係者)

 特に現在、「山崎の人気は凄まじいものがある」と、芸能事務所関係者は語る。

「現在、朝の連続テレビ小説『まれ』(NHK)に出ていますが、朝ドラを掛け持ちして他局の連ドラに出るのは異例。よっぽど所属事務所のスターダストプロモーションの力が強かったのか、はたまたNHKが舐められたのか、どちらかですね。若手俳優の中では今、一番スケジュールを押さえにくい俳優の1人です。あたりが柔らかい上に、演技力も高いですからね。来年には、今クール月9『恋仲』(フジテレビ系)の主演を務める福士蒼汰を抜くんじゃないかと、業界では話題沸騰ですよ。同じ事務所の岡田将生もうかうかしてられませんね」

 また、同じく『まれ』に出演している高畑裕太も、山崎とは別路線ではあるが、注目を集める俳優だという。

「端正な顔立ちですが、おバカっぽい性格とのギャップでかなりの人気です。今じゃ主役の脇で欠かせない俳優の1人にまで成長しているようです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)