友達少ない山里が東出昌大を友達と思えたワケ - 中居も絶賛した返信の一言

2015年8月13日 13時26分 (2015年8月13日 17時10分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太が、12日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ナカイの窓』(毎週水曜23:59~24:54)で、芸能界の交友関係について語った。

この日の企画は「友達多いVS友達少ないSP」で、「友達多い」組でカラテカ・入江慎也武井壮有村昆、「友達少ない」組で山里、たんぽぽ・川村エミコ、マツモトクラブがゲストとして出演した。

友達の人数について、入江が5,000人、武井と有村が3,000人と明かす一方、山里は7人。オードリー若林正恭アンガールズ田中卓志ドランクドラゴン鈴木拓などお笑い芸人がほとんどの中、フリップに「東出昌大」と書かれていたことからスタジオ内を驚かせた。

山里が「最近友達になったんですけど」と切り出すと、司会を務めるSMAP・中居正広は「最近!?」と興味を示し、「そうなんだよ! 友達ってね、めったにできないんだよ。すごいことじゃない?」と盛り上がった。山里も「はい、ビックリしました」と興奮を伝えつつ、そのきっかけを語りはじめた。

ある日、YOUに呼ばれてバカリズムと飲みに行った際、その飲み会参加者の一人が東出だった。山里は酔っ払って記憶をなくし、酒の勢いで東出と連絡先を交換したと知るのは後日。翌日、東出から「昨日はあんなに楽しい時間をありがとうございました。これからまた僕からお誘いしてもいいですか?」とメールが届き、その後も実際に誘われたという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)