浦和・槙野智章のガッツポーズが超ムカつく!? なぜほかのDFは守備でガッツポーズをしないのか

2015年8月18日 21時00分 (2015年8月19日 19時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグ・浦和レッズの槙野智章といえば、ピッチ内外を問わないそのサービス精神で、サッカー界を盛り上げてきたきってのお調子者だ。しかし、そのプレースタイルは高い身体能力と闘争心で戦う日本を代表するファイターでもある。そんな槙野が、16日に行われた(明治安田生命)J1リーグ2ndステージ第7節、対湘南ベルマーレ戦で見せたガッツポーズが今話題となっている。

「相手FWの高山薫と試合開始直後からこづいたり、押したり、ずっとやりあってましたね。そして、後半26分に高山がカウンターでゴールを狙おうとすると、槙野が体を入れてそれを阻止したんです。普通、ディフェンスした側はあまり喜びを表に出さないんですけど槙野は、高山の目の前で拳を突き上げ、思いっきりガッツポーズをしながら雄叫びを上げました。これを観ていたファンからは『超むかつく!』『あんなもんヤカラじゃねーか!』という反対意見や『これぐらい闘志を見せてくれた方が面白い!』『日本人にいないタイプ!』といった賛成意見もあり、賛否が別れて盛り上がってますね」(スポーツライター)

 確かにFWがゴールを決めたり、GKがファインセーブをしてガッツポーズを取るのはよく目にするが、DFがするのは見たことがない。試合後に本人も「ムードを持っていくため」と語っているように、スタジアムは盛り上がっており大成功にも見える。では、なぜ他のディフェンスは守った時のガッツポーズをやらないのだろうか?

「単純に、ファウルだからです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)