0

浜崎あゆみが大トリのa-nationが空席祭りの危機に!

2015年8月23日 17時59分 (2015年8月27日 18時01分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏の音楽シーンを締めくくる「a-nation stadium fes.」が、東京と大阪の2会場、全4公演で開催される。出演者は浜崎あゆみを筆頭に、BIGBANGやSUPER JUNIORら人気の韓国勢、さらには今を時めく三代目 J Soul Brothersらとエイベックスの総力を結集した豪華ラインアップになっている。

 ところが、肝心のチケットが全公演とも売り切れていないのである。これだけの顔ぶれを揃えてもソールドアウトにならないとは驚きだが、音楽関係者は売れ残りもやむなしと語る。

「この手のフェスは一見豪華ですが、それぞれのアーティストのファンにとっては出演時間が短いことから、あまり楽しめないという面もあります。しかも夏場はほかにもサマーソニックをはじめとする大型の音楽イベントが多く、ファンもフェス疲れしているんです」

 とはいえ、空席が目立つ会場を目の当りにしたら、出演アーティストも嬉しくないはず。なかでも、最終公演となる8月30日のヘッドライナーを任され、a-nation全体の大トリを務める浜崎あゆみの心中はいかがなものだろうか。もっとも、ファンが浜崎の大トリを心待ちにしているかどうかは疑問だと、前出の音楽関係者は解説する。

「浜崎はすでにヒットメーカーではありません。シングルCDの週間ランキング1位は、2010年9月の『L』が最後。2014年10月リリースの『Terminal』は最高位が24位と、16年ぶりにトップテンを逃しています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品