コブクロファンが日テレに激怒、陣内智則に無理矢理“あの曲”歌わせる。

2015年8月23日 11時23分 (2015年8月25日 00時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑い芸人の陣内智則(41歳)が、8月22日に放送された「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)内のコーナー「深夜の朝まで生しゃべくり007」に出演。かつて、女優・藤原紀香(44歳)との結婚式で披露したコブクロの「永遠にともに」を、番組側に“歌わされる”シーンがあり、コブクロファンを怒らせている。

この日、陣内は、「永遠にともに」が名曲であるにも関わらず、自身が2009年に離婚してしまったことで悪いイメージがつき、結果、コンサートでも歌われなくなったことを申し訳なく思っていると告白。しかし、今年5月31日にコブクロはコンサートで同曲を久々に“解禁”、そのことをファンからTwitterで教えてもらい、とても嬉しかったと振り返った。

その上で、コブクロに対しては、カメラを通じ「本当に、本当に申し訳ございませんと思ってます。心から。あの名曲を僕のせいで、迷惑をかけました」と謝罪。番組はさらに、コブクロファンはどう思っているのかを調べるべく「陣内を許すかどうか」の電話投票アンケート“コブクロ国民投票”を行い、僅差ながら陣内は“コブクロファンに許された”という結果になった(※「許す」12,432票、「許さない」10,835票)。

陣内は「僕、正直こんなに許してない人がいると思わなかった」と、僅差だったことにはショックを受けたようだが、「素敵な曲を僕が汚してしまったんですけども、皆さん許していただいて本当にありがとうございます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)